(告示特定活動)ワーキングホリデーについて教えてください

ワーキングホリデー

「ワーキングホリデー」とは2国間協定に基づいて、青少年が休暇を楽しみながら相手国の文化・生活様式を知るなど相互理解を深める為一定期間滞在し、その間の滞在資金を補充する目的で就労ができるという制度

※協定国:オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・韓国・フランス・ドイツ・イギリス・アイルランド・デンマーク・台湾・香港

 

ワーキングホリデー取得の条件

1:上記2国間協定を結んでいる国に居住する国民であること
2:一定期間主に日本で休暇を過す目的であること
3:査証発給時の年齢が18歳~25歳であること(フランス、デンマークは30歳まで)
4:有効な旅券を所持し、帰国の為の旅行切符または旅行切符購入資金があること
5:滞在期間の最初の生計を維持する為の資金があること(現地調達が可能・働くことが可能という事)
6:健康で健全な経歴を有すること

7:配偶者が同伴可能 ただし子供を同伴することはできない(イギリスを除く)

8:滞在期間は、1年の在留許可になり、更新申請はできません

※カナダだけは子供の同伴が不可能です

※フランス・デンマークは30歳まで許可されます

※オーストラリア、ニュージーランド、カナダは、6ヶ月の滞在期間が付与され、6ヶ月の延長を申請できます

※風俗営業、風俗関連事業所では働く事は許されません

関連記事

コメントは利用できません。

  1. 医療事務 ビザ不許可

    2017-4-3

    (留学→就労)「医療事務」案件で、ビザ不許可大量発生中

    医療事務の資格があっても、留学→就労へビザ変更は認められません! 毎年、留学から就労資格への在留資…

ピックアップ記事

  1. 医療事務 ビザ不許可
    医療事務の資格があっても、留学→就労へビザ変更は認められません! 毎年、留学から就労資格への在留資…
  2. 在留資格変更申請・真っ盛り! 当事務所にとって最も忙しいシーズンが到来中 3月は、留学ビザか…
  3. 上陸特別許可申請
    上陸特別許可(どのような場合に上陸特別許可されるか) 「上陸特別許可」は、法務大臣の裁決の特例とし…

話題をチェック!

  1. 医療事務 ビザ不許可
    医療事務の資格があっても、留学→就労へビザ変更は認められません! 毎年、留学から就労資格への在留資…
  2. 在留資格変更申請・真っ盛り! 当事務所にとって最も忙しいシーズンが到来中 3月は、留学ビザか…
  3. 上陸特別許可申請
    上陸特別許可(どのような場合に上陸特別許可されるか) 「上陸特別許可」は、法務大臣の裁決の特例とし…
ページ上部へ戻る
Translate »